情報発信

【誰でも目指せる!サイドFIRE・バリスタFIREとは!?】

FIREはハードル高くて無理そうと思っているあなたに朗報です。

完全なフルリタイヤとなるFIREではなく、少し働きながらほぼ自由な生活を手に入れるサイドFIRE、バリスタFIREが非常に人気があります。
これらは誰もが目指せるスタイルになっているのが人気の秘密ですね!

サイドFIRE、バリスタFIREとは!?

DCF 1.0

題名にもなっているこちらのFIRE。

近年は、投資収益だけでは不足する収入を補うため、自分の好きな副業やスモールビジネスを手がける「サイドFIRE」や、パートタイムの仕事を収支にあわせて柔軟にこなす「バリスタFIRE」など、より実践のハードルが低いFIREのかたちが注目されています。

サイドFIREをめざすうえで大切なことは、「自分のペースで働ける」副業であること。
意欲がないのにフルタイムで働くお金のための労働ではなく、自分の特技を活かして「経済的自立」を実践するのがサイドFIREの特徴です。

副業で稼ぐ金額が増えれば早期リタイアに必要な投資元本は減ります。
逆に副業で稼ぐ金額が少なければ、基準となる年間生活費そのものを見直すという柔軟な対策も取れます。
いずれにせよ「自分のペースで」取り組むことがモットーとなっています。

この点について、FIREムーブメントの第一人者であるグラント・サバティエ氏は経済的自立の準備として「いま働いているフルタイムの仕事の給与を最大化しつつも、休日や隙間時間を利用して自分の特技を生かした副業を始めるべきだ」と推奨しています。

FIRE発祥の地といわれる米国では、FIRE開始時の資産額の目安を「年間生活費の25倍」と設定しています。
これは年間支出の25倍の資産を築けば年利4パーセントの投資収益によって生活費を補えるという、FIREコミュニティ内では主流となっている金融理論に基づき、導き出されています。

ただ、米国と日本ではインフレ率や市場成長が異なるため、必ずしもこの指標が適切とは言いきれず、あくまでも目安として考えていきましょう。

金融理論といってもロジックはシンプルです。
少し簡単に試算してみましょう。

例えば1年間の生活費を300万円とした場合、亡くなるまで「投資収益だけ」で生活するにはその25倍、つまりは7,500万円程度の投資元本が必要です。


7,500万円の投資元本を仮に年利4パーセントで運用できるとすれば、毎年300万円(7,500万円×4パーセント)の投資収益を得られるため、その利益で生活費をカバーできるというわけです。

ただ、完全なFIRE(フルリタイア)ではなくサイドFIREを目指すなら、7,500万円も必要ありません。

投資収益だけでなく、副業の収入でも生活費の一部を補うことができれば、投資元本として必要な金額は自然と下がるためです。

サイドFIREを達成するためにどのくらいの資金が必要なのか、具体的に見ていきましょう。

サイドFIRE達成した例

年間300万円が生活費として必要である場合、投資収益だけで生活するFIREを実現するためには7,500万円の投資元本が必要になります。

あなたが配当利回り4パーセントの株式を7,500万円分持っていたとすると、配当利回りは4パーセントなので、年間300万円の配当金を得られるという計算です。

サイドFIRE達成の例として、副業などの収入が120万円の場合と180万円の場合に必要な投資元本を計算してみます。

副業などの収入が120万円の場合

例えば副業などで年間120万円以上を稼ぐことができれば(月10万円)、年間300万円の生活費が必要な場合、残り180万円/年となります。

FIRE開始時の資産額の目安である生活費の25倍が投資元本として必要だとすると、4,500万円(180万円×25)の貯蓄を確保できれば、投資収益が年間180万円得られサイドFIREを達成するというわけです。

副業などの収入が180万円の場合

こちらは副業などで、年間で180万円以上の収入を得られれば(月15万円)、残りの生活費は120万円となり、3,000万円(120万円×25)の投資元本があれば実現できます。

稼ぐ金額を上げるのが厳しい場合などは、都市部から郊外や地方に居住地を変えて年間生活費を大幅に削減できれば、よりサイドFIREの実現に近づきます。

節約に関してはやみくもに行うのではなく三大支出の「住居費」「交通費」「食費」の削減に集中したほうが効果が大きいです。

最後に

サイドFIREにおいて大切なポイントは、あくまでも仕事を辞めることが一番の目標ではないことです。

お金のために働く必要がなくなったとき「人生の時間を何に使いたいのか?」そこに明確な目的意識がないと、FIREの実現は難しいといえます。

仮に実現したとしても、その後の膨大な時間を無駄に過ごしてしまうかもしれません。

つまりFIREとは節約や投資、副業などをうまく活用することで、人生のほとんどの時間と精力をフルタイムの仕事に注ぐ生活から自分自身を解放する、生き方のことです。

逆にいうと、いまやっている仕事に生きがいを感じている人や、リスクが怖いから投資に手を出したくないという人向けの生き方ではありません。

ですが「家族ともっと多くの時間を過ごしたい」「世界中を旅行してみたい」「趣味に没頭したい」などの思いを抱えている人たちとっては、FIREは最高の生き方になるはずです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

僕の公式LINEにご連絡いただければ気軽にご相談お受けします。

スマホならワンクリックでLINE追加でき、パソコンの方はクリック後QRコードを読み取り追加できます。

 

 

   
ABOUT ME
RYO
元パチプロで全盛期のMAX月収170万円! 13年間スロットとパチンコのみで生活してましたが2017.9月にアフィリエイトを学び、現在は様々なネットビジネスに挑戦中。 物販とアフィリエイトをメインとし、気晴らしにパチンコとスロットを打つスタイルに変更。 2020年会社設立。 好きな言葉は【とりあえずやってみる】