ebay物販

【在庫を持たない】ebay無在庫輸出

今回は実践している『ebay無在庫輸出』についてお話ししたいと思います。

あなたはネット販売に対してどのようなイメージを持っていますか?

  • 在庫を持たなきゃいけない
  • 梱包・発送が大変
  • 顧客対応が大変そう

僕は最初このようなイメージを持っていました。

僕が行っているebay輸出は「無在庫輸出」と言い、在庫を持たないで商品を販売するビジネスモデルです。

無在庫輸出

・商品が売れてから仕入れをする

・外注化する事により自分でやる作業が減り自分の自由な時間ができる

ebay輸出は在庫を持たない無在庫販売というビジネススタイルと相性が良く、本業としても時間に限りのあるサラリーマンや主婦の方にも人気がありおすすめのビジネスです。

在庫リスクが無いので資金が少なくても、どんどん伸びていくビジネスです。

ebay輸出の流れ

利益の出る商品をリサーチし出品する(利益の出る商品だけ出品する)

・売れたら仕入れ先から仕入れる

・商品が手元に届いたら発送する

これの繰り返しです。

これら全て自分でやらず外注化する事も可能です。

 

外注化とは?

 

メルカリにある在庫を自分の在庫だと考えてみてください。

例えば、メルカリに「ワンピースのフィギュア」があるとします。

その商品をebayに在庫を持たず出品します。

商品が売れたら、メルカリから購入し発送する。

無在庫販売とはこのようなビジネスモデルです。

だからリスクが少ないと言われているのです。

どんな商品が売れるの?

日本で人気の商品はもちろん売れますが、日本で人気ではない商品も海外では良く売れたりします。

「こんな商品売れないでしょ…」と思うような商品も売れたりします。

  • 日本製の家電
  • レトロゲーム/おもちゃ
  • 衣類/靴
  • CD/レコード
  • 釣具
  • カメラ
  • 美容関係
  • 楽器

なんでも売れる。それがebayという市場です。

日本製品はクオリティが高く壊れにくいと評価が高いです。

海外には日本ブランドのファンがたくさんいます

「Made in Japan」は商品の質も良く偽物が少ないので海外の方から愛されている商品です。

ebay無在庫輸出のデメリットは?

ebay輸出の最大のデメリットは「始めて数ヶ月は大きく稼ぐ事が出来ない事」です。

それはなぜか?

ebayにはリミットという出品制限があるからです。
※ebayの新規アカウントは必ず制限があります。

出品数 10品  出品数 $500

これは無在庫販売ではなくても、ebay輸出をする人は全員が同じ条件です。

出品制限とは、

「毎月決まった商品数・出品金額しか出品できない」ということです。

あなたが始めてebayに出品するとします。

出品できる商品数は10個、$500までしか出品することができません。

この制限のままでは大きな利益を生み出すことはできません。

この制限は、毎月しっかりと販売実績を作っていくことでしか制限が解除されないので始めて数か月は実績作りのために出品する作業になります。

以上のことからどうしてもebay輸出を始めて、すぐには大きく稼ぐことは難しいです。

ただ、このリミット制度が参入障壁となって、ライバルが増えづらくなっているという面もあります。

最後に

輸出を始めたキッカケを簡単にお話ししたいと思います。

僕がネットビジネスを最初に実践したのはアフィリエイトでした。

それがきっかけでネットで稼ぐことを覚えて、輸入販売も始めました。

アフィリエイトも輸入販売も結果が出てるのになんで輸出も開始したの?って思う方もいるかと思います。

理由は簡単です。

収入の柱を増やすためです。

1つの収入の柱よりも複数の収入の柱があった方が絶対に良いです。

1つの収入の柱だけで150万円稼げていたとします。

何かしらの理由でその収入の柱が崩れてしまい、150万円稼げていた収入がなくなってしまったら怖いですよね。

1つで150万より、50万、50万、50万の3つで150万の方が安心だし安定します。

このようにリスクヘッジをしっかりしていけば怖くは無いですよね?

リスクヘッジのために僕は輸出ビジネスを始めました。

 

人生いつ何があるかわかりません。

何かあってからで遅いので、何かある前に収入の柱を増やすことを考えてみてくださいね^ ^

ABOUT ME
RYO
元パチプロで全盛期のMAX月収170万円! 13年間スロットとパチンコのみで生活してましたが2017.9月にアフィリエイトを学び、現在は様々なネットビジネスに挑戦中。 物販とアフィリエイトをメインとし、気晴らしにパチンコとスロットを打つスタイルに変更。 2020年会社設立。 好きな言葉は【とりあえずやってみる】